セキュリティソフト「AVG 無料アンチウイルス」の特徴・評判など



オランダのセキュリティ対策ソフトベンダーであるAVG Technologies。2016年に同業他社であるAvast Software(アバスト)社により買収されており、「AVG 無料アンチウイルス」の特徴を知るには、両社の統合後の変化を追うべきです。

本記事では、AVG社の無料アンチウイルスを検討する上で無視できない「アバスト無料アンチウイルス」とも比較しながら、「AVG 無料アンチウイルス」について説明します。

AVG 無料アンチウイルスの特徴や導入メリット

「AVG 無料アンチウイルス」は完全無料で使い続けられるセキュリティソフトです。

アバストとの技術共有

次に示す図は、有名な第三者評価機関のひとつであるAV-Comparativesが実施した各種セキュリティソフトの「パフォーマンステスト」の結果です。

参考:Performance Test April 2019/AV-Comparatives

AVG製品は、不思議にもアバスト社と点数が全く同じという結果です。

2016年にAvast SoftwareはAVG Technologiesの買収を発表。今やAVGとアバストは同一のマルウェア検出技術を共有しています。AVGとアバストとで防御力や性能が近似していてもなんら不思議はないのです。AVGとアバストの両社の合計で製品のユーザーは4億人以上に拡大しました。特に機械学習を活用したセキュリティ対策では、学習用データとなる各ユーザーからの情報の量が成否を分けます。

両社がひとつになったことで、技術的リソースもマーケットシェアも業界最大級となっています。

Windows XPへの対応

Microsoft自身はWindows XPのサポートを終了していますが、古いアプリケーションを使い続ける必要があるなどの理由でWindows XPを継続使用するユーザーは多くいます。

セキュリティソフトベンダー各社もWindows XPへの対応は終了しつつありますが、執筆時現在、AVGはWindows XP用の無料アンチウイルスを提供し続けています。(プログラムの更新や新機能追加には非対応)よって、Windows XPを使い続けるユーザーの場合では、AVG 無料アンチウイルス以外の選択肢はほぼないと言えます。

AVG 無料アンチウイルスの性能

AVG 無料アンチウイルスの性能や技術面について説明します。

第三者評価機関による高い評価

AVG製品を評価した最新のテスト結果が、別の第三者評価機関AV-TESTから発表されています。

参照:AV-TEST/Windows 10: June 2019

このAV-TESTによる2019年6月度の性能テスト結果でも、AVG製品とアバスト製品とは全く同一の点数となっています。

ゼロデイ攻撃(脆弱性を修正するセキュリティパッチが提供される前にその脆弱性を悪用する攻撃)に対する防御において、業界平均(97.1%)を若干下回り、97.0%の防御率の結果となりました。また、標準的なアプリ起動時に遅延が生じるかを評価するテストで業界平均(遅延率10%)を若干下回り11%の遅延率でした。

AVG製品は、これら2点以外のテスト項目はすべて業界標準を上回り、TOP PRODUCTに認定されています。

AVG 無料アンチウイルスとアバスト無料アンチウイルスとの違い

買収により技術的プラットフォームが統合されたAVG社とアバスト社ですが、両社が提供する無料アンチウイルスには機能差があります。

機能 AVG 無料アンチウイルス アバスト無料アンチウイルス
ウイルスやその他のマルウェアをブロック
パスワードを保護(アバストの情報隔離室にパスワードをまとめてロック)

マルウェアに対する防御性能は差がないものの、AVG 無料アンチウイルスの方が機能数は少なくなっています。

よって、AVG 無料アンチウイルスとアバスト無料アンチウイルスでどちらかを選択するのであれば、アバスト無料アンチウイルスをインストールするほうが無難と言えそうです。

買収以降もAVGブランド継続

アバスト社によるAVG社買収の狙いをまとめると次のとおりです。

  • ユーザー数を拡大して脅威検出ネットワークも拡大
  • 開発者の確保
  • アバスト社の技術的弱点を補完
  • AVG社の持つビジネスパートナーとの連携

このように両社の弱点を補完して、世界最大のセキュリティネットワークを構築した2社ですが、無料アンチウイルスにアバストブランドとAVGブランドの両方を残した理由は何でしょうか?

アバスト社CEOのVince Steckler氏は、次のように説明しています。

コンシューマー製品においては、特定のブランドがより好まれるためです。AVGは、米国や英国など英語圏の市場でシェアを伸ばしており、アバストは英語圏以外で強みを発揮しています。

確かに、ブランド名でセキュリティソフトを選ぶというユーザーは実際に多いです。

製品ラインナップと価格

「AVG 無料アンチウイルス」とAVGの有料版の製品ナインナップは次のとおりです。
AVG無料アンチウイルスは、個人・家庭用途での使用限定で、業務・商業利用は不可である点には注意が必要です。

価格 特徴
無料アンチウイルス 無料 PC、Mac、Androidで利用可能
AVGインターネットセキュリティ 7,980円(1年用)
15,980円(2年用)
23,980円(3年用)
PC、Mac、Androidで利用可能
10台まで

※2019年9月23日調べ

AVG 無料アンチウイルスの評判・口コミ

AVG無料アンチウイルスを実際に導入したユーザーの評判や口コミを見てみましょう。

良い口コミ

仮想マシンでWindows XPを使ってます。簡単に1クリックでスキャンできて、使いやすいです。

引用:フリーソフト100/AVG AntiVirus FREEの評価・評判・レビュー

AVG 無料アンチウイルスに対する良い口コミでは、Windows XPのユーザーだからAVG 無料アンチウイルスを選択しているというコメントが多くありました。

悪い口コミ

最初の頃は良かったが新しい更新以降から急に重くなったというか、CPUパワーを食うようになってアプリを2,3個常に動かしているような状況なのでこれは使い物にならないと判断して消した。

引用:フリーソフト100/AVG AntiVirus FREEの評価・評判・レビュー

悪い口コミではインストール後、数ヶ月から1年ほど経ってから重くなるというコメントが複数確認できました。第三者評価機関でのテストでは長期間経過後のテストはなされていないため盲点です。

まとめ

「AVG 無料アンチウイルス」に対する質問事項はAVGサポートコミュニティで受け付けていますが、英語のみでのサポートです。

「アバスト無料アンチウイルス」との比較では、「AVG 無料アンチウイルス」の方は機能数が少なく、性能面では両製品でほぼ差がありません。両社のどちらかで検討中のユーザーは、アバスト社の製品を選択するほうが無難ですが、Windows XPをお使いの場合はAVG 無料アンチウイルスの方をおすすめします。

おすすめセキュリティソフト

ウイルスバスターは皆様に選ばれて販売本数売上NO.1! *1
いまなら≪ウイルスバスター クラウド ダウンロード3年版≫購入で
【+2ヵ月延長*2】キャンペーン実施中!

*1 全国主要家電量販店等のPOS実売統計で年間(1月~12月)販売本数第1位のベンダー
を表彰するBCN AWARDのセキュリティソフトウェア部門において、
トレンドマイクロがBCN AWARD 2009~2015の7年連続で最優秀賞を受賞
*2 購入後2ヵ月以内のオンラインユーザー登録が必要になります。

詳細はこちら